« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

ガンバラないけどいいでしょう〜

Image128

5月からリハーサルが始まって2ヶ月。。
旦那さまが参加していた吉田拓郎さんのツアー
とうとうすべて中止になってしまいました。。

体調不良との事、、、どんなに無念な思いだった事か、、と
心中お察し致します。
大阪公演が中止になってからつま恋までの間
何とか元気になってくださる事をふたり祈っていたのですが、、

昨年、拓郎さんのレコーディングで
ガンバラなくてもいいでしょう
  私なりのペースでもいいでしょう、、
」と歌わせて頂いた時、
すでに頑張り過ぎて体調を崩していた私は
ホントにそうだよね〜〜、、と
身体の芯から力がスッと抜けて行くような気がした事を
思い出します。

秘かにつま恋へ観に行く予定にしていたので
幻のつま恋となってしまいましたが
ゆっくり静養して頂いて 心身共にお元気になられて
いつかまた
今回の素晴らしいメンバーと共に素敵なステージを
見せてくださる事を心から、、心から祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

皆既日食の日

そして 今日、、世紀の瞬間。。。
行かれなかった奄美の映像を旦那さまとふたり指を加えて観ていました。
この雨じゃ、、東京では無理ね。。と、心でつぶやいていた時、、、
あら??
蝉が泣いてる ?
、、、って事は雨、止んだの???

未だ厚い曇に覆われた、薄暗い空を
それでも一筋の希望を胸に自宅のベランダに出て
最大部分日食となる11時13分頃から見上げていました。。。

深い雲の奥、、、太陽は何処〜〜??
、、と思った瞬間。。。

うわぁ〜〜〜。。出た〜〜出た〜〜〜。。
真上に真昼の月のようにくっきりはっきり75%欠けた太陽が、、、
肉眼で見える。
きゃぁ〜〜〜すご〜〜〜〜い !!
神様ありがとう〜〜〜〜。。。これは奇跡だわ〜!!

Image155

そして夜は 予定通り 奄美料理の店<土濱笑店>へ、、
今日は皆既日食祭りで特典満載。。。

090722_193718

三線片手に島唄を歌ってくださった方もいて、、、
気分はもうまるっきり奄美!、、、

090722_201948

090722_233951
度数40度という強〜い焼酎にほろ酔い加減の麗しき重鎮達。。
作家マネージメント歴20年?の中野さんに
作詞家の 許英子さん、及川眠子さん、森由里子さん、、
奇跡のこの日に集いし女性5人、、奄美料理を堪能致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奄美が近くなって来た2

明日は皆既日食。。。
この神秘のイベントを知ったのは昨年の夏の終わり頃でした。

以前のblogにも書きましたが
私の敬愛する奄美で生涯を閉じた孤高の画家
田中一村」の生誕101年目のその日が
丁度皆既日食の明日なのです。

奄美で! 一村の生誕を祝い! 皆既日食を観る!!!

こんな凄いイベントは無い!、、と、かなり興奮したのですが、
その後の過労による体調不良や雑用に追われて
気がついた時には もう奄美周辺はどこもいっぱい。。。という事実。。
ガクッ!!!

直ぐに行動に移せなかった事に
悔やんでも悔やみきれない思いでしたが、、
とうとうやって来たその日、、、
気持ちだけでも奄美へ旅立たせようと思います。
奄美料理に舌鼓を打ちながら、、

お天気、、晴れるといいね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<第八帖 琴線>への第三歩

とうとうライブチケットの一般販売が開始になりました。

早々にお申し込みくださった皆様。
どうもありがとうございます。
1年振りだからね〜〜。なんだか今からドキドキします。。
あと3ヶ月ドキドキしてたら心臓が保ちませんね(笑)。。

Kira1026newpr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直木賞

私は本を読むのがとても遅い。
読んでいる内にそこに書かれている文章から派生する他の事を
すぐ考え始めてしまうのです。
気がつくと文字だけを目で追っている事に気づいて
また元に戻って読み返してみたり。。。

ですが、北村薫さんの本は違いました。
文章の醸し出す雰囲気が柔らかくて心地よかったからでしょうか。。。
数年前入院する事になった時も
丁度その時、朝日新聞に連載していた「ひとがた流し」を読みたくて
旦那さまに毎日新聞を届けてもらった事を思い出します。

縁あって綺羅のライブにもご家族揃って観に来て
いただいた事もあるその北村薫さんが
この度めでたく直木賞を受賞なさいましたsign01。。
何だか勝手に身近な出来事のように感じてしまって
凄く嬉しい。。
おめでとうございま〜〜〜〜す!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<第8帖 琴線>への二歩

一生に1度しかない貴重なその日を綺羅のために
空けてくださって一緒に時を過ごしてくださるんだから
1から10まで手作りのおもてなしを、、、と
ちらしやDMも心をこめて作っています。

そして昨日、ホライズンの事務所で
約5時間飲まず食わずで
発送準備を終えました。

090709_141954
いつもいろんなアイデアを出してくださる
綺羅にはなくてはならない感性の泉である不破さんと共に。
今回も綺麗なチラシが出来ましたよ。

090709_142415

封筒も可愛いでしょ。
もう直きお手元に届きますからねscissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七夕さま

七夕の朝、メールが届きました。
エフエムたちかわでパーソナリティをしている川久保秀一さんから。。

今日も綺羅の七夕さまOAしましたよ〜」って!!
写真と共に。。。

090707_08250001

嬉しいメールでの1日の始まりでした。
川久保君とはTwo of Us というヴォーカルデュオで歌われている時に
綺羅ふたりもChorusでRecordingに参加させていただいてからの
おつきあいです。歌はもちろんの事、トークが抜群に楽しいイケメンさん。


七夕さまは綺羅のアルバム<時のなごり〜上巻〜>に納められています。
なつかしい童謡や唱歌を次の世代にも歌い繋いでいただくために
ひと月に1曲ずつでも味わっていただけたら、、と綺羅なりのアレンジで
初めて作ったカバーアルバムです。
その中の7月の歌が、、七夕さま。。。

その綺羅の思いを実現させてくださっているのが
川久保君。。。ホントにありがとう。。

彦星さまと織り姫さまは逢えたのでしょうか。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

竜宮城??

またも雨の日曜日。。
中国古箏と馬頭琴のコンサートを聴きに
下北沢の教会へ行って来ました。

中国古箏奏者のウーファンとは
綺羅の草月ホールでの<第4帖 幻世>に
ゲスト出演して頂いてからのおつきあい。
どの日本人よりもきれいな日本語をお話になる
絶世の美女。
馬頭琴奏者イラナさんはモンゴルの草原に咲く
可憐な花のような美しさ。

この絵にもかけない美しさのおふたりが
何とも力強い演奏をなさるのです。
文化琴を弾き始めた私にとって特にこの日は
ウーファンの指の動きひとつひとつに感動とため息でした。

090628_191026
宴が終わり表へ出た途端、
異次元の世界から戻ったような
そしてもう二度と戻れないような、、、
あたかも竜宮城に迷い込んでしまったような。。。

下北沢の片隅にある小さな教会。。
あの扉の向こうに中国の美女ふたりが
いる事がとても不思議に思えた夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »