« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

感謝

ライブ後、3日が経ちましたが
身辺はまだまだ残務整理等々しながら
余韻をひきずっている感じ。。。

少しずつ冷静に思い返してみると、、
あーすれば良かったこーすれば良かったって事が
いっぱいあって、、、
反省しきり!

そんな中、カメラマンさんから取り急ぎの写真が
送られて来ました。。。

All Star Cast!!
左から チェロ唐沢彩子、ゲスト里アンナ、ヴァイオリンツルノリヒロ
私、ギター永島広、旦那さま、パーカッション山本恭久、ゲスト鳥山雄司
開演直前のショットです。

001

今回の目玉!!ゲストコーナー

005

006

綺羅ワールドを十二分理解して演奏してくださっているメンバーに
リハスタを貸してくださったBS&Tスタジオのみなさん
いつも一声かければ直ぐにボランティアで集まってくれるスタッフのみなさん
綺羅の片腕となって何から何まで準備してくれるホライズンのみなさん
こんな綺羅の出演を許可し采配してくださったSTB139のみなさん
そしてこの夜を綺羅と共に過ごしてくださったお客さま

過去の誰ひとりが欠けてもきっとこのライブを開催する事が
出来なかったのだろう、、、とすべての方の生きて来た道のりに
感謝、感謝、感謝。。。

         photo by HIROKO WATANABe

| | コメント (2) | トラックバック (0)

<第八帖 琴線>

嵐を呼ぶ綺羅。。。
今回もまた台風を呼んでしまいました。。

そんな中、、ホントに沢山の方々が
雨にも負けず風にも負けず寒さにも負けず
足を運んでくださいました。。。

本当に本当にありがとうございました。。
琴線への九歩目ステージに1歩踏み出した瞬間、
満員のお客様を目にして
終始琴線が鳴りっぱなしでした。。。

ボランティアで手伝ってくださった
スタッフのみなさんの愛情にも心打たれ。。
スペシャルゲストのお二人の演奏と歌に
感動し、、、
綺羅自身が誰よりもこの一夜を楽んでしまったような、
そんなライブとなりました。

台風一過の今日。。
大事に育て続けた家のスイートベイジルのおかげかな、、と
感慨にふけっております。
Dscf3104

本当にみなさんありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

<第八帖 琴線>への第八歩

とうとう第八歩までやって来ました
昔からずっと好意にしてくださっている
BS&Tスタジオでのリハーサルも無事終了。。

芸術の秋。
1年振りのおなじみメンバーはみなさん
超!ハードスケジュールの中でのリハで
ちょっと寝不足気味???
でも流石、直ぐに綺羅の世界に戻って来てくださいました。

Dscf3098

今回の豪華ゲスト〜〜
奄美の歌姫〜〜里アンナ〜〜〜〜!。。
1,2,3,,,に特に意味はありません。。

Dscf3095

そしてそして
音楽の師としていつも救いの手を差し伸べてくれる
ギタリスト鳥山雄司〜〜〜〜!

Dscf3103

みんなの無償の愛に支えられて琴線鳴りまくりでした。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

嬉しくて、悲しくて、、、

去る17日は○回目の My Birthdaybirthday
たくさんのお祝いのメッセージを頂き、
感無量。。。
いくつになっても祝って頂けるというのは
嬉しいものですね。。

遠い遠いあの日、この世に送り出してくれた
両親に感謝をしつつ、、
ライブのリハを中断して旦那さまと<ビストロキンタ>へrestaurant

超!美味しい<サラダフォアグラショー

Dscf3087

ディナーの締め、大好物のプリン&アイスセットでは
お店の計らいで キャンドル付きのサプライズsign01
キャンドルの灯りに琴線が鳴り響きました。。。

Dscf3092

そう言えば、、、
去年の誕生日は国境なき楽団のみなさんとの
トルコツアーの最中で、トルコのサムソンのホテルで
メンバーによるサプライズで賑やかにお祝いして頂いたんでしたっけ。。
あれからもう1年。。。Time flies!!!

Dscf1912

来年はどんな10月17日を迎えられるのかな〜〜などと
思いめぐらせながらほろ酔い気分での帰宅直後、
突然飛び込んで来たのは加藤和彦さんの訃報。。。
。。。。。

なぜ?どうして???
以前はご自宅のスタジオでホントに沢山のお仕事を
させて頂いていたので。。。とても信じられない。。
最後にお会いしたのは大腸がん撲滅キャンペーンソングの
レコーディングの時だったでしょうか。。。
10年程流れていた<カルピスnoteのサウンドロゴもそうでした、、、

いつも優しくダンディーで穏やかな笑顔。。
そんな加藤さんが自ら命を絶つなんて、、、考えられない。。

誕生日の夜、一転して悲しくて、、悲しくて、、、
、、、とてもやりきれない、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Promotion

今日はFM立川に呼んでいただきました。

お友達のアーティスト川久保秀一さんが
パーソナリティを務めるアクロスザモーニング
朝10時からたっぷり1時間綺羅のために
時間を作ってくださったので
最後はとうとうラジオで初の文化琴を弾きながらの
生演奏〜〜しちゃいまいました〜note
緊張しました〜〜〜。

Dscf3078

ブースにはもちろん琴スタンドなどないので
テーブルに置いての中腰での弾き歌いで
軽いスクワット状態。。
でも川久保君も急遽ギターを弾いてくださって、、
この日限りバージョンの<沙羅>、、楽しかったです。。


番組終了後、ランチに連れて行っていただいた<魚の通

Dscf3081

広い店内はまるで海の家にでも来たような、、
ここは漁港か、、と錯覚をしてしまうような作り。。
お店の入り口に書かれていた
感謝の気持ちで商い中。。>という言葉と
活を糧に粋に生きる。。。>という言葉に共感を覚えました。

お魚好きの川久保君お勧めの海鮮丼。
美味しかったで〜す。

Dscf3080


そして今週は静岡Promotion週間という事で
月曜日のFM静岡から2度目の電話でのインタビュー出演。
今日はFM島田

なんと丁度1年前に歌唱指導及びcho.をさせていただいた
塩塚みらのちゃんが歌う<夢奏〜ユメカナ>がテーマに
なっている「静岡国文祭2009」が24日から
始まるそうで、また偶然ですが大きな繋がりを感じました。。

金曜日にはその静岡へ伺う予定です。
FM熱海FM沼津へのドライブ〜〜〜。。
楽しみcar

| | コメント (4) | トラックバック (0)

気のちから

家にはもう直き10歳になるdogシーズーの男の子がいます。
名前はCoo。。
景山民夫さんの「遠い国から来たCoo」からいただいた名前です。


Cooは
旦那さまの実家のある福岡からはるばる
ひとりでairplane飛行機に乗ってやって来ました。

羽田へ迎えに行った日の事、、今でも鮮明に覚えています。
小さな籠の中に自分より大きなぬいぐるみと共に
それはそれは愛くるしい表情で、私達を見上げていました。

それから私達はCooの父と母となった訳です。。。


遠い国から縁あってやって来てくれた、、、
そんな思いがふたりの中でこの子はCooだ〜sign01って
一致したのです。


そのCooが3年ほど前に壊死性髄膜脳炎という難病にかかっている
という事が解り、それから 私達とCooとの病気との戦いが始まりました。

Cooのために出来る限りの事はしてあげよう。。
毎月のhospital病院通いはもちろんですが、
躾、、は二の次で、、随分甘やかしてしまったかもしれません。
それがCooのために良いか悪いかは解りませんが
体調管理は自分達の事よりも優先して、
常にCooの事を一番に考えての日常はそれまでと
大きく変わりました。。

発症から3年半も永らえてくれている事は
獣医さんに言わせると信じられないくらいなんだそうです。
その分、強い薬を飲み続けているので
内臓への負担が大きくてそろそろ限界か、、、との矢先。


久しぶりに大きな発作を起こしてしまい
脳の壊死は進み、ほとんどの機能が低下という
とうとう来るべき時が来た、、と半ば覚悟を決め
もうこれだけ頑張ったんだから、、、
これ以上苦しい思いさせたくない、、、との思いに
気弱になっていました。。


ですが、昨年からの私自身の体調不良もあって
気功を習い始めていた事から
Cooにも気の力を試してみよう、、と
青島大明気功院へ連れて行きました。

それから2日後、、奇跡は起こりましたsign01
Cooが立ち上がったのです。。。
え〜〜〜!!!?凄いsign03

それから徐々に歩き始め、、
髄膜脳炎特有のくるくると回るだけですが
今は力強く部屋に設置したビニールプールの中を
歩き回っています。

水もご飯もスポイドであげなければ飲み込まなかったのに、
今はふやかした固形フードも食べられるようになったのです。。


Cooの回復を願った十五夜の夜fullmoon
悠久の翼に描いたように
月から大きな<気>の力が注がれたのでしょうか、、、
台風が気圧を変えてくれたのでしょうか、、、

今、より<気のちから>を感じながら やっと
琴線へのラストスパートにとりかかっていますscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<第八帖 琴線>への第七歩

はや、、10月。。。
1年で一番好きな月の到来。。
だって私の誕生月なんだもん!!

そして月の一番美しく輝く月。。。
月々に月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月
 詠み人知らず。。。。

今日は十五夜です。
雲の隙間から大きな大きな十五夜fullmoonが見えました。
月のうさぎも健在。。。(?笑)


10月26日の<第八帖 琴線>、、第七歩は
超スペシャルゲストの友情出演のお知らせから、、、

世界遺産のテーマや多くのアーティストの
アレンジやプロデュースを手掛けるギタリスト
鳥山雄司さん(以下鳥ちゃん)がゲスト出演して
くださる事が決定しましたsign03
なんと豪華な!!

鳥ちゃんとの出会いは、私がソロデビューする2年程前まで遡ります。
コンテストで優勝してスカウトされた事をきっかけに
デモテープを録る事になったのですが
ピアノの弾き語りで作曲をしていた私は
コードネームという物を全く知らず
もっぱら譜面は所謂noteおたまじゃくしで書いた和音譜。
それをバンドとして演奏出来るようにすべてをコード譜に
直してくれたのが鳥ちゃんでした。

当時からそのギターテクニックとアレンジセンスには
誰もが舌を巻くほど卓越したものがあり
そのままデビュー後もバンマスとして
随分いろいろな所で一緒に演奏して頂きました〜〜。

Toriyama_006
photo by Guiter Labo

その後の長いスタジオワークの中でも
松田聖子さんをはじめ、さまざまなアーティストの現場で
ご一緒させていただいてます。。

以前よりそのソロ時代の楽曲<古都めぐり>への
リクエストを沢山いただいていて、
いつかまた歌う機会があればいいな、、と思っていた矢先の
鳥ちゃんの友情出演決定に、
後にも先にも1度限りになるかもしれませんが
末広がりの第八帖で何十年振りに
<古都めぐり>歌ってみようと言う事になりました!!
夢のような展開です。。。

485361


そして当日STBよりお出しして頂く
綺羅オリジナルドリンクのネーミングが
決まりましたsign01

 カクテルドリンク名  宵祭り(酔い、、とかけて)
 ソフトドリンク名   月祭り


どんなテイストになるかな〜〜bar。。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »