« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

Merry Christmas & Happy birthday !

今年も残りあとわずか、、
そしてまた聖なる夜を無事に迎えられた事に感謝。。。

ここ数日、不覚にも、風邪??だったのでしょう、、
体調崩しておりました。。
身体のあらゆる機能が停止した、、、って言う感じでdespair、、

ただ、喉も痛くない、鼻も咳も出ない症状。。。
歌う身として、また気管が弱い身として、
日頃から 風邪をひくなら胃腸にくる方がまだまし、、、なんて
軽く思っていましたが、、ダメです。。

突然の吐き気に襲われてた後、、
悪寒と共に高熱、、そして頭痛、、

仕事も忘年会も観劇もライブも、、
すべての活力源を奪われて
外界との接触が断ち切られた中、、、
ひっそりと横たわっておりました 。

聖なる夜の前日23日は 旦那さまのお誕生日birthday
この体調不良を早く治したかった事のひとつに、、、
この時期、毎年恒例のお気に入りのビストロキンタでのクリスマスディナーを
欠かしたくなかった、、って言う事もありました、、、

そして今年も何とか無事にお祝い出来ました wine
いつもの倍くらいよ〜〜く噛んで、、
いつもの半分くらいの量にセーブして、、、

アロエヨーグルトしか口に出来なかった数日を経ての
ディナーは例年より一層美味しく感じられて、、、
食べれるって有り難いな〜〜〜〜。。。
そんな思いでしたhappy01


そしてまためでたい事に、、
イヴに旦那さまの姪に赤ちゃんが生まれたんです〜〜 sign01
イェ〜〜〜イ
この時期にまたひとつ祝い事が増えた幸せを噛みしめつつ、、、

Very Merry Christmas & Happy Birthday !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KKミーティング

去る10月17日、
奇しくも私の誕生日に
訃報を知らされた加藤和彦さんとのお別れの会へ行って来ました。

KKミーティングのお知らせを頂いた時

加藤さんが大好きだった美味しいワインや食事で
みんなで騒げば天国から帰って来るんじゃない
、、って事だなって、、
直ぐに解りました。
「帰って来たヨッパライ」の歌詞にあるように、、


その「帰って来たヨッパライ」で加藤さんに目覚め、
悲しくてやりきれない」に感動し、
黒船」に衝撃を得、

そんな名曲の数々を聴いて育った私が
初めてレコーディングに
ご自宅のスタジオへ呼んで頂い時の緊張した事、
そのプライベートスタジオのゆったりとした空間
壁一面の書棚に綺麗に納められた本やレコードの数々
いつもおしゃれでいつも笑顔で穏やかで
耳にとても優しい声でディレクションなさる、、
随分沢山のお仕事をさせて頂きました。
〜♪カルピ〜ス♪〜のサウンドロゴもそのひとつでした。。。


そんな加藤さんとご一緒させて頂けた幸せを
密やかな誇りとして心の宝箱にしまっておきます。

最後に坂崎さんの音頭で会場みんなで歌った
あの素晴らしい愛をもう一度
この夜の宴を目を細めて
ながめに戻って来てたんじゃないかな〜〜。。。

Dscf3313

| | コメント (2) | トラックバック (0)

こうして繋がって行く人の縁

まだまだ芸術の秋を満喫するつもりが、、
もう暦の上では冬。。。
慌ただしい師走の空の下での回想録。。。

去る10月某日
スタジオCho.仲間であり役者であり舞台演出までしてしまう
石原慎一君のミュージカルを観に行きました。
モンスター悪名高き>at 笹塚ファクトリー
なんと席が一番前で役者さんの汗、涙、息が降り注ぐ(?)
特等席。。
。。。。flair思い出すな〜〜〜。
東京キッドブラザース。。

シアター365というせま〜〜い会場で
お芝居をしていた頃、、、良く観に行っていました。
柴田恭平さん、三浦浩一さん、などなどが
目の前に覆いかぶさってくるように白熱した演技をなさってて、、
思えばこれが私の観劇好きの始まりでしょう。。。

11月某日
綺羅のライブで官能的なヴァイオリンを弾いてくださっている
ツルノリヒロさんのライブを観に行きました。
ドリームゲート Ⅵ>at 曼荼羅

ドリームゲートと言うのはイラストレーターの集団の名前かな?
会場には沢山の絵や作品が飾られ、まるで美術館のよう。。。
その中に私の小学校から高校までずっと一緒だった
高田美苗さんの作品もありました。。
綺羅のライブにいらしてくださった時にプレゼントして
くださったこの1枚。。

Osanakihil

数ある銅版画の作品の中から綺羅に合いそうと
チョイスしてくださった物。。。
何だかどこかで会った事のあるような
眺める度に懐かしさに胸がキュンとするのは
なぜなのでしょう。。。。

そして翌日は
里アンナちゃんのライブへ、、、
霜月ライブ>at Com.Cafe 音倉

この日、な〜〜〜んとゲストにその
石原君とツルさんがご出演なさったのです。。。
大集結!!!!

綺羅も観に来るなら歌え!」って
ギターの永島君には言われてましたが、、、
この日はゆっくり客席で鑑賞させて頂きました。
だって、、、、
残照><宵祭り>をアンナちゃんに書いてから
実は毎回ステージ上に一緒にいたので
やっと初めて客席から客観的に聴く事が出来たんですから。。。

ツルさんの力強くも憂いのある演奏も手伝って
ホントに良き曲だ〜〜〜bleah!!って
ウルウルしてしまいました。

芸術の縁。。
こうして人の輪は繋がって行くのですね。。。。
みんないい顔happy01

Dscf3272

左から 永島君、石原君、アンナちゃん、Bassの岡さん ツルさん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日々是勉強

食彩の王国
この番組はテレビ朝日で2003年10月にスタートして
つい先日300回記念シリーズが放送され7年目に突入しています。

Book01

まだデビューしたてだった綺羅に
縁あって番組のテーマ音楽のご依頼をいただき、
既に収録の決まっていた内容を綴った台本に目を通した時、
これは素晴らしく有意義で素敵な番組になるだろう、、、と
わくわくしながらopeningの<沙羅>Endingの<悠久の翼>を書いた事を思い出します。

毎回、四季の食材ひとつにスポットをあて、
その食材に込められた歴史や文化、
生産者の思いなどを伝えてくださる、、、
この番組を見始めてから とにかく食事に対する姿勢が
日々変化しています。

ご飯粒一粒だって無駄にしない、、
残さないで食べる。。。。をモットーに。。
食材に対する敬意を忘れないように、、、、と。。。

そして先日 これまた縁あって
マクロビオティック講座に参加する機会に恵まれました。
初体験でしたが講義をしながら目の前で先生が作ってくださるのを
見て、またも目からうろこ。。。。

玄米を洗う、研ぐ事への時間のかけ方からして違うのです。
ゆっくりと丁寧に優しく、、
お米と向き合う時間が大切、、とおっしゃる。。。

時間に追われるこの時代、無洗米なんて言うのがあるくらい
お米と向き合うなんて事、、忘れてますよね。。。

食材だけではなく、あらゆる事に対する向き合い方を
もう一度見直していかなければ、、そう思いました。
するときっと世の中もっと楽しくなって、、、、

次回の食彩のテーマ<キンキ>も
より興味深く観る事が出来るのではないかな。。。なんて。。

まだまだ日々是勉強。。。


ちなみにこの日のレシピ

Dscf3286

雑穀入り玄米ごはん
オニオン葛スープ
蓮根と高きびのハンバーグ(きのこソース)
温野菜サラダ(白ごまドレッシング)
サラセンクッキー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »