« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

綺羅 春の陣

おはようございますrain
今朝も雨。。。
以前は就寝時間が明け方になる事もしばしばだった
生活パターンを体調不良をきっかけに見直し。
毎日6時前には起床するようになりました。。

まだ薄暗い朝の静けさがだんだん快感になりつつありますが、、
今朝はちょっと昨夜の疲れを引きずっている感じ。。。

昨日は下北沢のライブハウス「Com.Cafe 音倉」で
里アンナちゃんのライブサポートさせて頂きましたnote
音倉は昨年のセプテンバーコンサート以来。。

丁度ランチタイム終了ぎりぎり時間に到着できたので
名物 量り売りビュッフェをいただきました。
「体にやさしい食」をキーワードに、農家から分けていただく有機野菜を中心に
食べたいものを食べたいだけプレートにとって秤 (はかり)にかける
ので、
食べ残しゼロ! エコですね。。
とっても美味しかったですgood

そしてお腹も満たされたところで、
今回久しぶりにStageに帰って来た
チェロの佳奈ちゃんBassの岡さんと一緒にnotes
アンナライブスタートnote
アジア的雰囲気の中、至近距離でみんなのパワーを感じられる音倉は
アンナちゃんにピッタリ。
いつも通り満員のお客様を魅了shine
あったかくて楽しい素敵なライブでした。

今日からは3月4日にまたまたブルースアレイ
行われる坪倉唯子バースデーライブのリハが始まります。
こちらは綺羅としてではなくスタジオミュージシャン仲間として
旦那さまも一緒に参加。。
ガラっと雰囲気の違う曲調と格闘する事になりますsweat01。。。

そしてPASTIMEから始まった綺羅<春の陣>最後は
再びCom.Cafe音倉にて、
3月7日(日)の<ひな祭りコンサート>note
久しぶりにご一緒する中国古箏のウーファン
初共演の藤田恵美さんと共に。。

  ■2010.3.7(日)
  会場:Com.Cafe 音倉
  「ひな祭りコンサート in 音倉」
   Open18:00 Start 19:00
   ¥ 4,500(1D別)
  (*3/3〜3/7毎日素敵なアーティストが出演)
   Com.Cafe 音倉→http://www.otokura.jp/

私にとって日本の伝統行事であるひな祭りをこのような形で
祝える事はこの上ない喜びhappy01
その気持ちをお届け出来たらと思っています。
是非遊びにいらしてくださいね〜〜sign01


チケットは未だ綺羅のサイトでも受付ていますscissors
http://www.kira-net.com

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Mountain Ash

日曜日 神奈川県民ホールで行われた
マーチング&バトンステージ全国大会を観に行きました。

マーチングの素晴らしさを知ったのは6〜7年程前だったか
Blast!」の日本初公演を観に行った時でした。。
こんなExcitingな世界があったんだ〜〜〜。。。
ブラスバンドを経験した事のある旦那さまと
大興奮した事を覚えています。。

マーチングと綺羅。。。
この似ても似つかない世界をみごとに融合してくれたのが
Mountain Ash YAMAGATA のみなさん。。
今回のShowでは
Rebirth〜再び花開くとき〜」と題して
綺羅の<雪月花><><さくら
それにBreath by Breathの<Rebirth>を
美しくもにぎやかにマーチングの世界で
表現してくださいました。

Img_0010


歌詞のないマーチングの世界で表現するには
ドリルというバンドの動きと
カラーガードの演技がとても重要になって来ますが、、
この日、その歌詞のすべて把握している私達が
たぶん会場にいた誰よりも深く
感動できたのではないでしょうか、。。

ありがとうMoutain Ash YAMAGATAのみなさん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりにあったか!!

今日はやっと暖かい日射しを浴びて
縮こまっていた身体がゆっくり伸びをするように
ほぐれて行く感じでした。。。

15日のブルースアレイ PASTIME featurting 綺羅
いらしてくださったみなさん、、、
お足下の悪い中、、本当にありがとうございました!!!

嵐を呼ぶ綺羅、、またしても冷たい雨を呼んでしまいました。。

でもブルースアレイの中は沢山のお客様と
PASTIMEの卓越した演奏のおかげでとってもホット!!
そのせいで 我が文化箏のチューニングを合わせるのが
とても大変でしたが、
とっても楽しい夜でした!
こんな機会を与えてくださって
みんなありがとう!!!happy01

7120deaa22a461e4d83098b6c4cc8a1e1


実は節分の日に旦那さまがチャリで左耳を21針も縫う
大怪我をしていたので 一時は思う様に練習もはかどらなくて
いろいろな意味で心配がいっぱいでした。
でもご覧の通り、抜糸も無事終わり、打撲した手も回復。
ギターもちゃんと弾けてバッチリでした!!
良かった〜〜〜〜happy01

この日のトークで早期完治は
スタジオで聖子ちゃんに「お大事に!!」って
言っていただけた事にある。。。って
知りました〜〜〜。。。
さすが聖子ちゃん!!
感謝です!!


この時期は昔からニッパチと言って2月8月と
景気が低迷すると言われていて
以前は仕事が比較的少ないと思われるこの時期に
旅行の計画を立てたりとかしていました。。

でも近年そんな風潮はどこへやら。。。
ますます仕事の波が読めないこのご時世。。。
どういう訳か、
今年はこの2月がとっても忙しく過ぎてしまっています。。。

ライブ終了でホッと一息ついたのも束の間。。
夜中のスタジオワークやら寒さやらで
不覚にも風邪をひいてしまいました〜〜〜weep
ベストコンディションで臨めないレコーディングは
ちょっと辛いな。。。
反省。。反省。。。

まだまだいろいろ続くのでとにかく早く完治させなきゃ!と
少々焦り気味な今日この頃。。
なので
今日の久しぶりの暖かさはまさに天からの恵みです。。。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スマイル

ここ数日の底冷えする寒さ。。。
風邪ひいてないですか〜!?

今日はそれでもほんの少し晴れ間が出たので
久しぶりにヒヨドリが遊びにやって来て
ベランダの角に残っていた節分の豆を食べて行きました。。。chick

あぁ〜〜だったら豆、、拾わなければ良かったね〜〜。
ご丁寧に糞のお土産を残して、、、


先日みつけたベランダのスマイル。。

100212_121003

これもヒヨドリさんの作品だったのかな〜sign02

最近 街の中で、
自分がどんな顔して歩いているのかな〜〜と
ふと思いました。。

ニヤニヤするのは変だけど、、、
眉間に皺寄せていたり
暗い顔してないか、、

そう思って回りを見てみると、、
みんな頑張って生きているんだな〜、それぞれ。。
。。。って表情。。
その先に誰かがいて思いがあって、、、

やっぱり笑顔が溢れているのはいいよね。。。
足下のスマイルが そう言ってる感じがしました。。

明日の目黒ブルースアレイでのライブnote

 <PASTIME featuring 綺羅

沢山のスマイルに出会えますよう、
がんばりま〜〜〜すhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

しんしん、、雪が降る、、、
夢の中を迎えに来る。。。
遠く旅したね 凍えそうな闇の中。。。。

しんしん、、静けさに身も心も
洗われてく。。
解き放された迷路に今 花を添えて。。。

    〜楽園の雪〜


2日の朝、、目覚めると
静かにほのかに明るい雪景色。。
向かいの屋根の上にはまだ光をたたえた月が、、、

Dscf3418

なんて綺麗な、、、、


1月31日、、父の十七回忌の法要をすませました。。
あっという間の17年。。
でも 私が生まれて幼稚園、小学校、中学校、高校と
17歳になるまで 父と過ごした思い出深い日々を思うと
それと同じだけの時間が流れた事に年月を感じます。


でも あの最後の入院の日
実家の階段を降りられなくなった父を旦那さまが
背負って降りてくれた事。
病室が413号室だった事。
父の誕生日が4月13日だったので
得体の知れない運命のようなものをその病室の扉に
感じてとても恐かった事。
などなど、、
昨日の事のように思い出します。


入院中、1度だけが降りました。
父の身体を起こして 窓の外の雪を見せてあげると、、
父はただじっとその雪を見つめているだけでしたが、、、
私には解りました。。
思いはきっと同じだったと思います。

祖母が迎えに来たと。。。

遠い昔、、、父がまだ子供の頃の事。。
祖母はとても寒い冬の日に亡くなりました。
父は 祖父と共に
深い雪の中を祖母を乗せたリヤカーを火葬場まで
押して行ったのだそうです。。。

そして 年月が流れ 
祖父が亡くなった日。。
同じ寒い冬の日ではありましたが その日は
とてもお天気の良い小春日和のような穏やかな日でした。。

火葬場で火鉢を囲んで待っていると、、、
突然、、雪が降り始めたのです。。。

そこで 父がつぶやきました。。。
お母さんが向かえに来た、、、」と。。。

父の脳裏には 雪深いあの日が鮮明に
蘇っていたのだと思います。。

子供心にその一言が忘れられなかった私。。。


父の病室から見たに、、
祖母が迎えに来た、、、
そう思ったのです。。。


無事に終えた十七回忌の法要。
偶然その日は生きていれば父と母の60回目の
結婚記念日でした。
そして計らずも兄の月命日で。。。

父も兄も喜んでくれたのかな、、、

刻々と変わって行く空を見ながら
楽園の雪をくちづさんでいました。。。

Dscf3421

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »