« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

今日は二の酉だったね。

何と言う事でしょう〜〜〜〜sign01
もう11月も半ばを過ぎてしまいました。。。

二の酉の今日 
商売繁盛を祈って熊手を頂きに行きたかったのに、、

予想はしていたのですが、、
ゴールデンマンスsign03と英気を養った10月のパワーも
これ以上持ちこたえられないかも。。。と言う程の
目まぐるしい忙しさに見回れ
今年はとうとう一の酉にも行かれず、、
はぁ〜〜残念〜coldsweats02


記しておきたい事が山ほどありながら
筆を進める時間も睡眠のためにお預けで、、
捩じり鉢巻きで明日のライブのリハーサルをしている所ですnote


明日は旦那さま共々30年来の仲間であるアーティスト
安部恭弘君のライブ。
綺羅は嬉しい事にゲストとして呼んで頂いたのですsign01


思えば私と旦那さまとの出会いは
その昔、私がソロ活動している時にとある学園祭で
安部君達と一緒になり、その安部君のバックコーラスをしていた
旦那さまを舞台の袖からそっと見たのが最初でした。。
安部君はそれより以前 私のバックコーラスも努めてくださっていた事もあり
、、、って言う事は旦那さまよりも
安部君との方がつきあいは古いって事ですね〜〜happy01。。

そんなご縁が繋がって、明日ふたりでゲスト出演。
おまけにバックコーラスもやらせて頂けるのです。
歴史を感じますね。。


自然と力が入ってしまいますが
アットホームな温かいライブになればいいな、、と
心から思っている次第。。

是非、沢山の方にいらして頂けます事を祈りつつ、、
今日は早めの就寝が出来そうで、、、良かったhappy01


安部恭弘 Acoustic Live
 オータムソルフェスタ 2010

日時  2010年11月20日(土)
時間  open 16時半
    start 17時
場所  ラゾーナ川崎プラザソル(川崎駅西口直結)
        (ラゾーナ川崎プラザ5F)
 5,000円(チケット記載の整理番号順のご入場)

メンバー 重久義明(piano)渡辺茂(bass)松田靖弘(sax)
ゲスト  綺羅

| | コメント (8) | トラックバック (0)

文化箏フェスティバル

typhoon台風14号が吹き荒れた30日
待望の<文化箏フェスティバル>に出演して来ました。

Img_0611

昨年 綺羅をゲストに呼んでくださった
このフェスティバルに今年はいち演奏者として
参加するとあっていつもの綺羅のステージとはまた違った
緊張感が朝から押し寄せて来て、、、
ピースサインをするも笑顔はちょっと固い??

Dscf4555

ずっとマンツーマンでレッスンをして来たので
総勢25名の中で合奏をするのは今回が初めて。。
案の定、リハーサルでは若干のフライングcoldsweats01
出演者が多いイベントでは大抵リハはほとんど音決め程度。。
そんなステージは綺羅で何度も経験しているけれど
今回は不安がつのる。。。

でもその思いはみなさん一緒だったようで
本番までの間にロビーの片隅で
全員床に座っての合同練習の場を作ってくださった。。
これがホントに良かった。。。
おかげで本番は今までで一番上手く弾けましたscissors
振り袖姿の子供達もドレス姿のおばさま達も
袴姿の男の子もみ〜〜んな本番に強かった〜note
アンサンブルが良〜く聴こえて来て
あかる潤さんのしの笛がより箏の音色に華を添えて
心にしみました。。。
いつか綺羅のライブで共演出来る事を楽しみに、、、

Dscf4566

旦那さまは客席からまるで我が子を送りだすような思いで
手に汗握って見ていたとの事sweat01。。。

子供の頃のピアノの発表会、バレエの発表会
家族みんなで見に来てくれた事、、
思い出しました。
大人になってからの習い事って、、ホントに悪くないです。。
たとえ旦那さまひとりだったとしても
見届けてくれて舞台を降りて迎えてくれる人がいる、、と言うのは
幸せな事ですね。。。
もの凄い達成感を味わっちゃいました。。

前日の夜、衣装の襟と同じ生地で作った譜面を入れるバインダー

Img_0612

今度はどんな譜面を挟めるのかな。。。

Img_0613

そんなこんなでますます楽しくなった文化箏。。
この日は直に箏に触れられるコーナーもあったり
グッズなども販売されていて
文化箏への入門イベントとしては最上のフェスティバルsign01
来年はもっと沢山の方に足を運んでいただけるよう
より普及に貢献出来たら、、と思いつつ
緊張感の解けた心地よい疲労を感じながら
降りしきる雨の中、帰路につきました。。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »