« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

あれから1ヶ月

あれから1ヶ月。。
心からの黙祷を捧げた日もまた余震がありました。
そして今朝も、、
大きな揺れを感じましたcoldsweats02。。

被災した地域の皆さんがどんなに不安な日々を過ごしておられる事か、、
本当に心労、、お察し致します。。

今は被災した方々のお話を新聞やニュースで知る事で
少しでも傷みを共有し涙する事しか出来ません。。
まだまだ動物達の事も心配でネットなどで
情報を拾ったりしています。。


そんな中、地震の前3月4日に茨城県の海岸に
イルカが50頭以上打ち上げられていたと言う事実を
知りましたsweat01
先のニュージーランド地震の際も2日前に
100頭以上のクジラが打ち上げられたそうですし、、、
やはり地震を察知していたのでしょうか。。。

他にも沢山の魚達に異変があったらしいと言う話を
釣り名人のアーティスト川久保秀一君から聞きました。
海の中でも大きな変化が起きているのでしょう。。。
かつてはスキューバーダイヴィングにハマっていた私としては
とても気になる所です。。。fish


そんな川久保君が先日自ら釣ったお魚で
快気祝いをしてくださいました。

Img_0886
クロムツ金目鯛
美味しかった〜delicious
冬魚の漁はこの日でお終いだそうで、、、
海の中にも春が訪れているのですね。。

あれから1ヶ月。
私の放射線治療もやっと終了しました。
花吹雪で散りかけた病院の桜ともお別れです。。

Img_0881

今年は丁度入園式、入学式の時期に桜が満開になり
校門、校舎、制服と桜って何でこんなに似合うんだろう、、、と
眺めておりましたが、、
病院に桜も似合います。。cherryblossom

子供の頃から桜は人生の節目に咲いていて
その美しさを目にする度に
その時々の喜びや期待に胸膨らんだ事を
思い出させてくれるからなんですよね。。。。


被災地にももう直きが咲きますね。。
生き残った桜でお花見をして貰おうと
一生懸命修復に励んでる造園業の方がいらっしゃるそうです。
散って逝った沢山の命を重ね合わせて
しばしせつなくなるかもしれませんが、、
格別に美しく心に残るお花見になる事でしょう。。

私にとっても今年の桜は
励ましてくれた友、気遣ってくれた友、
心配してくれた友、勇気をくれた友、
そして温かいコメントを沢山くださったみなさんのおかげで
忘れられない彩りとなりました。。。happy01

Img_0880

| | コメント (18) | トラックバック (0)

満開の目黒川の桜に。。

桜が満開になりました。。

Img_0865

昨年末、南野陽子ちゃんの新曲<桜詩集>の
コーラスアレンジをしていた時
何度も何度も繰り返し聴いているうちに、、
 note春の細い小枝に 命を燃やして
    咲いた 目黒川の桜がきれい
note。。。と言う
最後のフレーズが頭から離れなくなって、、、

毎年訪れている目黒川の桜。。
来年は人知れず<桜詩集>を口ずさんでの
お花見だな、、と内心心待ちにしていました。。


それから思いがけない入院生活hospital。。
そして大震災shock。。。
日本中が辛い悲しい冬を過ごし
桜どころではなくなっていましたね。

それでも季節はめぐり、、
満開の桜に固くなっていた心を一時
ほぐしたい所。。。
今年の目黒川は提灯に灯りは灯っていないけど
 <目黒川から日本を元気にしようrock!>とばかり
川沿いにはお店が沢山出ています。。


実は先日ギックリ腰をやってしまってimpact、、
明日のBAJでのチャリティーライブへの出演に向けて
体調を戻そう戻そうと必死になっていた矢先だっただけに
何だかひどく自分が情けなく思えて
かなり落ち込んでしまいましたweep。。。

今の私に何が出来るのだろう。。。

ふと見上げると
満開を迎えた桜は昨年と何も変わる事なく美しく、、
ただ一途に命を全うしようとしている。。
自分の与えられた場所で迷う事なく
ただひたすらに。。

こんな気持ちで桜に自分自身を問いかけたのは何年振りだろう。。
もしかしたら生まれて始めてかもしれない。。

Img_0866

 note春の細い小枝に 命を燃やして
   咲いた目黒川の 桜がきれい。。
note

ずっと心の中で葛藤していた
明日のライブ。。
今はその時ではないんだな、、と
出演は断念する事にしました。
心身共に健康になって迷う事なく
思いを奏でられるその時まで。。


そんな中、
仕事でお世話になっている方からオファーを頂き
宮古災害FMを通して被災者の方へメッセージと
どこかで春が」を、、届けさせて頂く事が出来ましたnote

できる事から少しずつ。。
今日は春の嵐、、、
この強風に散り急がない事を願いますshine。。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

奇跡の木

歴史に残る苦難に直面した2011年3月が終わりました。
春の足音も直ぐそこまで来ています。。

東京でも桜の開花宣言が出ましたねcherryblossom
今年はほとんど桜前線の情報がありませんでしたから
ほんの少し心がほぐれる思いです。

近所の遊歩道の桜もあと一息。。

そんな中、、
先日の大津波ですべてなぎ倒されてしまった陸前高田市の防潮林の中で
たった一本だけ生き残った松の木の写真を見ました。

真っ直ぐにすっくと空へ向かって立っている姿は
神々しくもあり人々に希望と勇気を与え、
奇跡の木>として復興へのシンボルとなっているそうです。

そう言えば丁度1年前、、
鶴岡八幡宮大銀杏が強風で倒れ大きなショックを受けましたが
再生プロジェクトの元、慎重に育てられぐんぐん枝を伸ばし
今やその生命力の強さは新たなパワースポットとの呼び声もある程。。
そしてその再生を願う祈願祭が行われたのが
東北関東大震災の前日でした。。

奇跡の松は大銀杏からの大いなる命や使命を受け取って
一生懸命踏ん張ったのではないでしょうかrock、、
、、そう思えてなりません。


私達も前進して行かなければsign03


音楽仲間の坪倉唯子からの呼びかけに
ミュージシャンがそれぞれの思いを胸に急遽集まる事になりました。


note坪倉唯子&Friends
 ~東北関東大震災チャリティーライブ~
note

4月9日(土)目黒BLUES ALLEY JAPAN
 開場17:00 開演18:30 ×2set(入替無)
 テーブル席(指定)¥4,500 立見(自由)¥4,500(各税込)

 (チケット代金の一部を、東北関東大震災の義援金として
  被災者の皆様の支援に活用されるよう寄付致します。)


私も旦那さま共々参加する予定でおります。。。が、、、
まだ放射線治療中と言う事で、当日の体調次第としか言えないのが残念、sad

でも是非、沢山の方にいらして頂き、再生へ向けて
元気を取り戻して頂けたらと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »