« 近日公開だよ! | トップページ | 石巻への道 Part 2 »

石巻への道 part1

10月28日....念願叶って被災地のひとつ
石巻へ行く事が出来ました。。

3.11東日本大震災後、
綺羅のH.P.からCDを買って頂いた分の売り上げをすべて
義援金として寄付させて頂く旨、お伝えしてから7ヶ月。。。

お金と言う形ではありますが
沢山の思いがこもったです。。
心ある方に託したい!
それも直接手渡しを、、、と考え続けて来ました。


そんなある晩、tvTVから飛び込んで来たニュース映像が
私に行動のきっかけをくれたのです。

600年の歴史を誇る石巻の伝統工芸<雄勝硯

_8s

その大切な道具、作品のすべてを
津波が流し去ってしまった映像でした。


日本には沢山の歴史ある独自の伝統工芸があるにも関わらず
その文化を受け継いで行く事が困難になっている事に
日頃から寂しい気持ちを抱いていた私にとってsweat02
その映像は単に硯が砕け散っただけでなく
日本人の心が粉々になってしまったような
何かとても心につきささる瞬間でした。

その砕け散ったかけらを拾い集め
絶望の淵に立たされながらも
600年の歴史を自分達が途切れさせる訳にはいかない、、と
意気込む職人さん。。
ほんの少しでもそのお役に立てていただけたら
同じ今を生きた証になる、、そんな気がしたのです。。


9月中旬、airplane旅帰りの仙台上空
雲の上からそんな思いよ届けsign01、、とばかり
雲海を撮りました。

Dscn0629

そして運命の日がflair、、、

大好きな誕生月の始まりの日 birthday10月1日

もう20年以上一緒に音楽を作って来た仲間
木村真紀ちゃんが石巻へ行かれる事になった、、と
伝えて来たのですsign01

3.11への思いを歌った「祈り」を
聴いた方が石巻へ働きかけコンサートを
企画して下さったとのこと。。。


それを聞いた私はそれまでの思いを伝え
「是非スタッフとして同行させて欲しいheart04」と
お願いしました。

現地へ行けば何とかなるsign03、、と、、、

そこへ飛び込んで来たのが
偶然青山で開催されていた
東北の手仕事を紹介展示していた<ゆずりは展

こんなに早く目にする事が出来るなんて、、、
雄勝硯をこの手に取ったその時
石巻への道はすでに目の前に
開けていたんだと実感したのです。。shine

|

« 近日公開だよ! | トップページ | 石巻への道 Part 2 »

コメント

履歴書バイブルさん
 読んでくださってありがとうございますheart01
 また是非感想など聞かせてくださいね。。scissors

投稿: coo | 2012年7月15日 (日) 23時52分

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 履歴書バイブル | 2012年6月29日 (金) 11時47分

ロサンゼルスヒロさん
 沢山の苦難を乗り越えながら伝統工芸は守られて来たとのだと
 思いますが今ほどその火が消えそうになっている時代が
 過去にあったでしょうか、、、
 そんな気がしてならないのです。。。sweat01
 
 
 

投稿: coo | 2011年11月11日 (金) 00時23分

現在まで続いている伝統工芸。それを守り続けた人々の努力と思い。どんな困難が待ち受けていても、後から後から、それを続けていこうとする志のある人たちが出てくるんですね。今、あるものはすべて過去の人たちの努力の結晶だと思います。そして私達自身が未来を創っている。強い思いを抱いていると、きっとその願いをかなえるきっかけが与えられるんですね。

投稿: ロサンゼルスヒロ | 2011年11月 6日 (日) 13時30分

裕樹さん
 腕のある職人さん達もずいぶん亡くなられています。
 さぞや無念だった事でしょう、、
 その方達の分も必ずや伝統の技は受け継がれて行く事と
 信じますrock

投稿: coo | 2011年11月 3日 (木) 23時55分

あの日・・・3月11日に起きた悪夢のような出来事の
恐ろしさが最初の硯の写真からも伝わってきます。

どうか、伝統の灯を消さぬよう職人さん達には
頑張って欲しいですね。

そして、もう二度とあんな事が起きませんように・・・。

投稿: 裕樹 | 2011年11月 2日 (水) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1197552/42801719

この記事へのトラックバック一覧です: 石巻への道 part1:

« 近日公開だよ! | トップページ | 石巻への道 Part 2 »