« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

皆既月食〜冬至へ

師走に入り
こんなに律儀に寒くならなくてもいいのに〜〜wobbly
肩をすくめながら
今年の内に片付けてしまわなければならない
仕事や雑用に追いまくられる毎日dash。。


あの神秘的だった皆既月食から
はや10日が過ぎてしまいましたが、、
隣人宅のバルコニーで毛布にくるまりながら
欠け始めからの一部始終を見届ける事が出来ました。

Dscn0809

あれは、、地球の影ですよね。。

まぶしい程の満月が次第に欠けて行き
ピークの赤い月から徐々に回復して行く月の輝きに
何か大いなるリセットが行われたような
そんな気がしたのは私だけでしょか。。。


満ち始めた月灯りは
希望を照らしてくれているようで、、

 救いを求める万物へと
    その手を差しのべる
、、、、と

自分で書いた<悠久の翼>の歌詞だけど
本当にそうあって欲しいと強く願った夜でしたmoon3。。

そして15日のふたご座流星群

自宅のベランダからは今度は月が明る過ぎて
残念ながら見られませんでしたが
翌朝の新聞でこの写真を、、、

K_img_renderphp

陸前高田の奇跡の一本松の上を流星が、、


その数日前に残念ながら蘇生断念の
悲しい知らせを受けたばかり、、
その頑張り続けた勇姿を
沢山の流星が褒め讃えてに来てくれたのでしょうnight、、


接ぎ木によるクローン苗
松ぼっくりから採取した種からも
どんどん子孫が育っているとのニュースは
鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れた時の事を思い出させます。
あれは震災の丁度1年前の3月10日でしたね。。。
大銀杏のひこばえも一生懸命頑張っています。。


いつか未来永劫、、大空に向かって
松林大銀杏が明日を描いていってくれるように、、


今日は冬至
一陽来復、、悪い事が続いた後でもようやく
幸運に向かう日、、と聞きます。。

かぼちゃを食べて、、ゆず湯に入って
幸運へ向かいましょうねwink。。。


| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »