« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

第14回文化箏フェスティバル

明日は雪になるって〜〜!?
どうりで何だか冷えて来ましたsnow。。

日付は変わって2月29日
今年は閏年
得した気分、、と言うか、、良かった〜〜〜happy01

、、と言うのも
3月3日のおひな祭りに
第14回 文化箏フェスティバルに出演するので
今、その練習に日々励んでいるのです。。

なのであと3日、、よりあと4日、、
1日でも多く練習したい私にはとても有り難い1日ですbleah。。

I


前回の第13回文化箏フェスティバル
初めて右も左も解らないまま参加させて頂きましたが
日頃ひとりでレッスンを受けているので
大勢でアンサンブルで演奏する楽しさを知りましたnote

今回は2度目の参加ですが、
どうなる事やら〜〜。。。

ここ最近の綺羅のライブでは文化箏を弾きながら
、、と言うスタイルで
ひとりでも多くの方に伝統楽器箏の音色
知って頂きたい、、と微力ながら普及活動!なんて
大きな事を言って来ましたが、、
知れば知る程、ホントに奥の深い楽器なのです。


もちろん本箏はもっともっと素晴らしいです。
でも高価だし大きいし、、
そう簡単にはお勧め出来ない難しさがあります。

そんな敷居の高さをすべて解消してくれたのが
この文化箏なのです。。


Zenon_bnnka_koto_title


最近は小学校などでも取り入れてださっている所が
増えたとかで 私の先生はひとりで
子供達に箏の素晴らしさを教えに日々奔走していらっしゃいますrun

そして子供達がいつかもっと上を目指せるようになった時に
本箏に向かい合えた時、きっと素晴らしい箏奏者として
世界的に活躍してくれるようになるのでしょうね。。
楽しみですねwink。。


私も箏の音色を意識したのはやはり子供の頃
母が趣味でご近所の方々と習っていて、、
大きな箏を重そうに背負ってお母さん方が
レッスンに集まっていた事を朧げに覚えています。

次に出会ったのがYUTAKAと言う
今はブラジルで活躍している日本人アーテイストのCDの中。
なんと心地よい、そして新鮮なサウンドなんだろうshine、、
箏奏者でもあるYUTAKAが
洋楽と箏の音色をみごとに融合させた素晴らしいアルバムでした。
いつかこんなサウンドを、、、
心のどこかでそう思い続けていたのでしょうね、、

文化箏に出会った時、、
弾けるかどうかも解らないのに
これだ!ってゲットしちゃったんですからflair。。
それもこの文化箏の手軽さのおかげですsign01。。


まだまだ初心者の域を脱しない私ですが
子供達とご年配の方と一緒に
まずはこの日の演奏をを楽しみたいと
今からわくわくしていますlovely

| | コメント (8) | トラックバック (0)

雨水を過ぎて、、Coo

今年は梅の開花がちょっと遅れ気味とか、、
寒かったからね〜〜snow

でも季節は着実に春に向かっています。
二十四節気の雨水の頃。。。
雪は雨に変わり少しずつ厚くはった氷も溶けて行きます、、


 さらさらさらり、、流るる水の
   行きつ戻りつ、、遥かな旅よ。。。
沙羅より>by 綺羅


今日はdog愛犬Cooが上昇気龍に乗りました。


、、、と言うのは、、
壊死性髄膜脳炎を患って6年余りのCooが
今月右目の摘出手術を受けたんですweep

小さい頃から大きな目と長〜〜〜い睫毛がなんと愛らしいheart04、、
、、とご近所でも評判の(親ばかか?)我が仔
だったのですが、、

Img_0086

病気を患ってからと言うもの
抵抗力も免疫力も弱っているので
その大きな目をちょっとした事で傷つけてしまう事が多くなり
15分置きに3〜4種類の目薬を寝ずに点眼し続けたり
その都度首には煩わしいカラーをされ
注射をされたり薬が増えたり、、と
随分Cooも私達も大変な思いをして来ました。


なのにその努力の甲斐もなく
髄膜脳炎の薬が目の治癒を遅らせてしまうと言う事態に陥り
数年前、泣く泣く左目を摘出、、、
守ってあげられなかった事に随分ショックを
受けましたsweat01


それでもまだ右目があるさsign01
右の目だけでも十分に愛らしい(またも親ばか?)
全く片目である事を忘れてしまう程で、、
余計に絶対にこの目だけは守ってあげようrock
日々気を遣って来ました。

091216_120454

それなのに、、、
それなのに、、、
今年に入って急に右目にも疾患が出てしまいsweat01、、
3回の手術を繰り返したにもかかわらず
症状は悪化。。。
とうとう最後の決断の時が来ました。

右目も摘出sign01、、
。。いえ、、摘出してあげようsign03。。。
今回は私達の気持ちは 前向きでしたconfident

それはもう、、身を切られるような思いでしたが
Cooにとってはもうこれで2度と目で痛い思いをしないで済むのです。

髄膜脳炎のせいでもうとっくに視力は無くなってはいたものの
ずっと守り続けていた大切なCooの目とのお別れ、、、
それはそれはとても悲しい出来事でしたが、、、


最後の手術を乗り越えて
今日、Cooは晴れて抜糸を、、、

片目だった時よりも
身体的なバランスが良くなったような、、
そしていつもいつも
嫌いな目薬に目やに取りにと煩わしかった事から
解放されて
何だかすっきりしているような気がするのです。

Cooにとっての重荷がひとつ、、無くなって
少し軽くなった我が仔を上昇気龍に乗せましたshine。。


両目が無くなってもやっぱり可愛いCoo(またまた親ばか?)happy01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

立春によせて、、

豆まきで邪気を払い
明けて今日は春の始まりの日。。立春です。。


 note春は名のみの風の寒さや、、note
         〜時のなごり下巻より

大好きな早春賦が聴こえてきます。。
    

それでも少し寒さの和らいだ今日は
父の命日でもあり
お墓参りへ行って来ましたcar


車から見えた富士山の
なんと美しかった事か〜fuji


Img_0348


19年前のこの日、
私は最愛の父がこの世を去ってしまった事を
どうしても受けとめる事が出来なくて、、、

必ず訪れる<その時>を
でも絶対に訪れる訳がないと思い込んでいた<その時>を
目の前に叩き付けられたようで
途方も無い悲しみと痛みに
病室だったにも関わらず大声で泣いてしまった事を
思い出します。。
未熟だったんですね〜coldsweats01


最後に握った細くなった父の指が
力を振り絞って優しく握り返してくれた
その感触が今もはっきりこの手によみがえって来ます。


でもなぜだかその日が立春であった事を
今日まで忘れていました。
父らしく律儀に節目の日に逝ったんですね〜〜。。


新しい時を歩き出さなければ、、、
父がいなくなっても時は止まらない
やがて時が癒してくれる、、、
生きると言う事はそうやって与えられた時の中を
もがきながら魂の経験値を上げて行く事なんだと
未熟だった私に父が身を以て教えてくれたんだと
今はそう思えるのです。。。


立春。。。心の春。。
新しい時。。。confident

| | コメント (12) | トラックバック (0)

豆まき

鬼は〜外、、福は〜内、、、sign03


子供の頃はどこの家からも
豆まきの大きな声が聞こえてきたものでしたが、、
昨今は静かな夜です。。

そんな静まりかえる辺りを気にしながら
今年も小声で 鬼は〜外、、福は〜内、、sign01


場所によっては 福は内だけを言う所や
鬼も内、、と言う所もあるようですが、、
我が家ではごめんなさい、、
今年は鬼には外へ出て行って頂いちゃいました。
寒いかなぁ〜〜〜。。鬼さん、、


今日は昼間鍼灸院でゆっくり
治療して頂いたので
身体が芯から温まって
滞っていたものが汗となって出て行ってくれました。
それは言ってみれば私の中の小さな鬼さん、、だったのでしょうかね。。
気分すっきりですhappy01


今朝、空には龍の形の雲がふわりふわりと、、
急いでIphoneでcamera撮りましたが
あっという間に形が変わってしまって、、
何となくわかるでしょうかcoldsweats01。。。。

Img_0342


ちょっと前に新聞に載っていた
宮城の津波で流されわずかに残った松の枝が
龍の形に、、、と言う写真を思い出しました。
自然って凄いですねsign04

T_tky201201070134


今年はまだまだいろいろな場面で
いろいろな龍にお会い出来そうな気がしますねscissors。。

目の前には
年々食べきれなくなっている福豆が、、、
お茶に注いで福茶にしようかなぁ〜〜〜〜japanesetea

| | コメント (6) | トラックバック (0)

明日は節分

今年は本当に寒い冷たい冬ですね。。
深い深い雪。。
しんしんと降り積もる雪。。。
豪雪地方のみなさんにはどうぞ
被害やお怪我のないようにと願うばかりですsnow、、、


が、、
明日は節分〜〜sign01
古来からこの日を境に運気が変わるとして
大事にされていたと言われています。。
あ、、今12時を回りました。。
明日の朝目覚めたら、、きっと
上昇気龍に乗れていますね。。
準備はOKscissors

Take Off 〜〜sign03

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »