« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年6月

古都めぐり2 Part1

今月、梅雨入り前に
奈良へ行って来ましたbullettrain

一昨年、旧友と訪れた古都めぐりの第2弾sign01


今回の目的は沢山ありましたが
まずは長谷寺

遠くから目にしたゆるやかに続く長い階段が
この旅の入り口.....

Dscn1636_2

階段の向こうに古の世界が待っているheart01、、そんな
何とも言えないワクワク感も
昇って行く内に、、
少しずつ心を整えて行くための長き階段なんだrock、、って
思えて来ました。


国宝である本堂の外舞台からの眺めは
目に優しく、、どこまでも
でも
春には桜cherryblossom 秋には紅葉mapleに包まれてそれはそれは格別に美しい、、と、、

cherryblossommaplecherryblossommaple

しばし四季折々の景色をボ〜〜ッと心の中で重ね合わせていました。

Dscn1646_2

今はきっと紫陽花が綺麗なんだろうなぁ〜〜。。


それから大神(おおみわ)神社


神話にも出て来る日本最古の神社、、と言うだけあって
ひっそりと、、重々しく、、
木霊(こだま、、もののけ姫に出て来る)に沢山
見守られているような、、、気配を感じながら
散策を、、

Dscn1654_2


大神神社は三輪山をご神体としているので本殿はなく、
大鳥居が遠くに望めはするものの
境内の鳥居はこんな不思議な形をしています。。

Dscn1655_2


また
大神神社の摂社である狭井(さい)神社
病気を鎮める神を祀る神社との事。。
御神水の湧き出る薬井戸(くすりいど)があり
古くからくすり水として知られる湧き水を有り難く頂戴しました!
冷たくて美味しかった〜happy01

Dscn1658

地元の方はこのおじさんのように
ペットボトルで御神水をお持ち帰りになれるとか、、
いいなぁ〜〜〜lovely


そしてその傍には水琴窟(すいきんくつ)が、、

じっと耳を澄ますと水の落ちる清く綺麗な音が
小さな穴から聞こえて来ます。。。sweat02


Dscn1660

なんて美しい澄んだ音なのでしょう、、、
こんな音は静寂の中でなければ聞かれませんwink


今回は歩けなかったけど
我が国最古の道と言われる万葉集ゆかりの山辺の道
次は是非、ゆっくり歩きたい、、と
もう既に次回を考えている私。。。

旅はまだ始まったばかりcoldsweats01


続く、、、


| | コメント (10) | トラックバック (0)

<うららか茶房>の復活

水無月になりました。。
梅雨入りしましたね。

雨がいっぱい降るのに水の無い月とは、、、
天の水瓶から水が無くなるくらい降るから、、ともmist、、


あっという間に一ヶ月が過ぎてしまいます。
書きたい事が沢山あるのに
書く暇がない、、、
何だか時間の使い方が下手になったかなぁ〜〜。。なんてcoldsweats02、、


でもいつもコメントをくださるみなさんに、、
そして先日何十年ぶりかに会った中学の同窓生から
Blog読んでくれていると聞いた事に
大いに励まされて、もっと記して行きたいと
気持ちだけは奮い立っている今日この頃rock。。


6月から運気が上昇しますよ」と
占い師の友達から言われて心待ちにしていた6月。
今日から綺羅のラジオ番組<うららか茶房>が復活する事になりましたsign03


2006年、世田谷FMから始まったこの番組は
その後、ラジオ日本に居を移し
とうとうLAにまで旅をしたのでした。
そして約半年の休憩を経て
今日から北海道、名古屋、大阪、沖縄、東京
コミュニティFMで復活しますnote

放送エリア外の方にもサイマルラジオと言う方式で
PCで聴いて頂けるとの事、、
凄い世の中になりました〜〜wink


放送エリアを紹介しておきます。

 (隔週月) 名古屋 MIDFM    11:00~11:15
 (隔週火) 北海道 三角山放送局 15:30~15:45 
              <再放送 午前2:30~2:45(翌水曜日)>
 (隔週水) 沖縄  FM21  11:45~12:00
 (隔週木) 大阪  FMひらかた 15:30~15:45
 (隔週金) 東京  かつしかFM 14:30~14:45

サイマル放送についての詳しくは
    http://csra.fm/ をご覧になってください。

毎月隔週の1週間どこかで15分間ですが綺羅の音楽と短いトークを
聴いて頂けるなんて とても嬉しいhappy01


じめじめした鬱陶しい梅雨時を
少しでもうららかに過ごして頂けますように、、、shine

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »