« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

さくら〜〜

東京は満開になりましたね〜〜cherryblossom
平年よりかなり早い開花にあたふたしたのは
私だけじゃないようでcoldsweats01。。。

お花見の予定も前倒しで、さぁ大変!!
お店の予約変更したりスケジュール調整に大わらわdash
夜桜のライトアップ準備が間に合わなかったとか、、
日本中みんなが<桜>の様子を見ながら
電話したりメールしたり走り回って
あれやこれやしている姿が想像出来て

何だか、、楽しい〜〜〜bleah

綺羅がコンピレーションアルバム Feel New Asiaの中に収録された
さくら>でデビューしたのが2002年。。
まだ当時は森山直太朗さんの<さくら(独唱)>もリリースされる前で
世の中そこまで<さくら>に目を向けていなかったように思います。


自宅近くのこの遊歩道の桜が私達に<さくら>と言う曲を
作らせてくれました。。

Img_2303
春になると一斉に世の中をピンク色に染めて
惜しむ間もなくあっという間に散ってしまう、、、、
散り急ぐ姿は儚く美しく、、
でもその根はしっかりと大地を捉え
少しも揺らぐ事なく、、
太陽を浴びては華やぎ、、
月夜には怪しく惑わす、、、
そんなさまざまな思いをくれる桜への
感謝と敬意を込めてアカペラで<さくら>を創ったのでした。。
あれから10年以上が過ぎて
桜も高い所からこの騒ぎをどんな思いで
眺めている事かとは思いますが、、、

そんな桜狂想曲のまっただ中、、
昨日はそのデビュー曲である<さくら>を
再びRecordingしていましたnote
New Albumに再び収録するために。。。

今回はアレンジをいつもライブで綺羅のサポートを
してくださっているViolinのツルさん にお願いしてsign01
遠TONE音 小野美穂子さんによる箏と十七弦の演奏を、、

Img_2292

なんと美しい音色〜〜lovely

桜の満開の時に<さくら>を収録出来た事は
<さくら>から始まった綺羅にとって
この上ない予定調和であり意味のあるRecordingとなりました。
桜、、ありがとうcherryblossom

Img_2301

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ひな祭り、、ありがとう

あ〜〜〜っと言う間に、3月の声を聞いてしまいましたsign01

書きたい事が沢山あった2月。。

Recordingが押し気味で
あれよあれよと言う間に
過ぎて行ってしまいました
notes。。
2月は逃げる、、dashと言うけどホントだね。。

今年のおひな祭りは
昨年夏、実家の引っ越しの際に
納戸の奥の方から出て来た
私の初節句に母方の祖母が買ってくれた
ケース入りおひな様を
何十年振りに飾って、、、

Img_2229_2

傷ひとつつく事無く、
良くこの日を待っていてくれました!
ありがとうhappy01


このおひな様を眺めていると
小学生の頃に亡くなった
祖母との短い思い出がひとつふたつと、、
よみがえって来ます。。

今思えば随分老けていました。。
薄くなった白髪混じりの長い髪を後ろでまとめ
いつも着物の襟に手ぬぐいを挟んでいて
「順子や〜、、良く来たね〜」と
皺深い優しい笑顔で迎えてくれましたっけ、、、、

気前が良くて必ずおこづかいをくれるから

祖母に会いに行くのが楽しみでね〜、、bleah


病いに倒れた祖母のお見舞いに行った時
ベッドの名前の札の苗字が違う事に
気が付きました。。
  何でおばあちゃん苗字違うんだろう??
その疑問はかなり大きくなってから
母に聞いて解けました。。

曾祖父に結婚を反対されて
亡くなるまで籍には入れて貰えなかったのだとか、、、

祖母の夫である祖父の顔を私は知りません。。
いわゆる駆け落ちを実行してくれた祖父

会ってみたかったなぁ〜〜。。
どんな人だったのかなぁ〜〜。。
思えばとても老けていた祖母。。
きっといっぱい苦労したんだろうな〜〜〜。。
もうじきお彼岸
祖母のお墓参りに行こうsign01

おひな様が手繰り寄せてくれた
小さな記憶。。
ありがとうね
shine

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年4月 »