« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年7月

暑中お見舞い申し上げます

大暑を過ぎて
1年中で一番暑い熱い季節到来sun

梅雨が明けたとたんの猛暑に
不安定な大気raintyphoonsuncloudthunder

夏休みを楽しく過ごしていらっしゃる方達も
空模様が気になって気になって仕方ないんじゃないsign02

先日も突然の豪雨が近所の花火大会の日と重なってしまい
自宅バルコニーからの眺めは
左手に大きな花火shine 右手には稲妻thunder

Img_4990 Img_5019

時折り空一面をピンクに染めてしまう程の
閃光に流石の花火もビックリsign02
凄い光の競演でしたthunderthunder。。

10501630_667465216670840_2023924988



子供の頃は今のように頻繁に花火を見る機会はなくて、、
あれは確か私がまだ小学校へ上がる前
近所の広場で催された花火大会へ家族で繰り出した時の事night

遠くのアパートの上だけが闇夜にオレンジ色に染まっていて
そしてその真下の部屋の中もオレンジ色に、、
それは何だかとても不気味な景色で
あれ、な〜に?」と兄に聞いてみたsign01
兄の答えは、、
あれは熱事(ねつじ)だよsign01
 熱だけがこもって火事までにはならないんだ、、」って、、

子供心にそうなんだ〜と信じた私でしたが
そんな事はあり得ないrock、、
大人になっていつかあれは何だったんだろう、、と
兄に聞いてみようと思っていたのに
結局聞けず終いで兄はあの世へ旅立ってしまったweep。。
でも今でもはっきり覚えているオレンジの雲のような光shine
本当は何だったんだろう、、、、
大人は誰も気にする風でもなく、、
私は恐くて花火も見れずに父の後ろに隠れていたっけsweat01、、、
花火の季節になると思い出す
不思議な出来事のひとつですconfident

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年9月 »