« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年3月

ミモザの日に、、

一昨日の3月8日は「ミモザの日
今日とは比べ物にならないくらいのポカポカ陽気の
24回目の結婚記念日でした〜〜lovely

イタリアではこの日男性が女性に感謝を込めてミモザの花を
贈る習慣があると言う事を教えて頂いてから
家でもミモザを飾るようにしていて。。。

今年の記念日は
旦那さまのサポートするAOYAMA音楽倶楽部note
ゲストは杉真理さんと井上昌己ちゃん

12799359_966327910117901_30491123_3  

杉さんと言えば、
実は初めての出会いは40年以上前に遡りますsign01 
当時プロへの登竜門だったヤマハのポプコン
一度だけエントリーした事があって
その東京大会でご一緒したのです。

Photo
これは2年前の引っ越しの時に偶然
段ボールの中から見つけたプログラムeye
開いた途端、すっかり忘れていた記憶が
走馬灯のように甦って来ました、、sign01

エントリー曲は「かもめ
高校時代に作曲を初めて確か2作目の曲
note海で死んだらカモメになるの
   ダミアの歌のように、
、〜〜note
あぁ〜懐かしい、、shine

そしてラストに出演されたのが杉サマ率いるピープルkaraoke
なんとも自然で爽やかで甘く素敵な演奏だった事
ず〜〜と頭から離れなくて、、
その事を40年経ってやっとこの日
お伝えする事が出来ました〜happy01

Photo_3
プログラムよ〜く見ると 
私の名前字が間違ってるしdash
弾き語りなのに〜シスターズとかついてるしsweat01
何でこうなったのかは解りませんが、、、
出演者の中には佐野元春さんもいらしたり
ピープルのメンバーには竹内まりやさんもいらしたとかlovely

川久保秀一Presents
<Let's Sing”杉サマ”ソングス>と題して
杉さんの曲ばかりで構成されたAOYAMA音楽倶楽部
堪能して帰宅したら
もうとっくに日付は変わってしまってました〜bleah

でもやっぱりお祝いはしておかなきゃ!と
今年もミモザを飾ってかんぱ〜〜いwine

12805968_966327886784570_4737940234
結婚記念日おめでとうshine
そしてありがとうheart02

| | コメント (6) | トラックバック (0)

記憶

もう何度同じ台詞を書いた事でしょう、、
あっという間に3月となってしまいました〜〜coldsweats01

あれよあれよと言う間に予定が詰まってしまう中、
先月やっと福岡への帰省が叶い、義母の顔を見て一安心happy01

数年前に発症した認知も相変わらずでsweat01
一緒にドライブしてもご飯食べても即座に忘れてしまう
でも昔の事は何度でも同じ事を繰り返し話してくれる、、

記憶と言うのはホントに不思議flair
生まれてから経験したすべてを覚えていようとしたら
人の脳はパンクしてしまうんだって、、sign01
だから忘れて行く事も大事
でも覚えている事忘れてしまう事、、その線引きはどこにあるのだろう、、
最近私も思い出せない事がた〜〜くさんcoldsweats01

昨年旦那さまがサポートさせて頂いていた
さださんの歌詞に
note忘れようにも 覚えられない〜〜 noteってありましたが、、

同窓会で昔の話を聞く度に100%記憶の外だった出来事に
ほんの少しスポットライトが当って、
薄いベールの向こうに当時のシルエットが見え隠れtyphoon
でもそれはまだ朧で、、
いつかはっきりとした輪郭が見えて来る事を期待して、、sign02
大事な自分の過ごして来た時間、
今はもう一時も忘れたくないと言う思いでいっぱいrock

先日、南野陽子30周年記念コンサートへご招待頂き
これまた懐かしい記憶の扉を開かせて頂きましたnote
先にリリースされた
ゴールデン☆アイドル 南野陽子 30th Anniversary
81owqavpehl_sl1500__2
5枚組のCDの殆どの楽曲に関わらせて頂いていたので
コーラスやハモの若かりし頃の自分の声を聴きながら
当時のRecordingの事をいろいろ思い出していました。。

そしてそんな当時の音楽シーンを作り上げて来た
大御所アレンジャーの方々をフィーチャーした本が
3月4日に発売されます。
その名も<ニッポンの編曲家
51uyug8lejl_sx350_bo1204203200_
この中で恐れ多くも、いちミュージシャンとして
私のインタビュー記事も掲載されています。
またひとつ記憶の扉が開きました。
そしてその記憶、
ひとりでも多くの方と共有出来たら幸せかなって、、
heart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »